AO入試・推薦入試のヒントが見つかるメディア

洋々LABO > 2021年入試改革情報 > 2021年入試改革情報 > 早稲田大学商学部 2021年度 一般入試改革

早稲田大学商学部の2021年度入試の概要が公開されました。

<現行> 一般入試(外国語・国語・地歴公民または数学) 455名、センター利用 80名

<2021年度入試> 一般入試(外国語・国語・地歴公民または数学) 505名、「英語4技能テスト利用型」 30名
という人数構成に変わります。2021年度ではセンター利用入試が廃止になり、英語4技能テスト利用型が新設されます。

ただし、一般入試(外国語・国語・地歴公民または数学)は
外国語・国語・地歴公民 355名
外国語・国語・数学 150名
という形で、社会選択と数学選択のそれぞれの募集人員が明確に示されました。

英語4技能テスト利用型では出願要件として英検準1級以上またはTOEFL-iBT 72点以上が求められます。また、英語4技能テスト利用の場合も「外国語」、「国語」、「地歴・公民または数学」のテストは課されます。

独自の学科試験を廃止する予定の政治経済学部とは異なり、商学部においては現状の一般入試の大枠は維持されるようです。

早稲田大学 2021 年度 商学部 一般入試改革
https://www.waseda.jp/fcom/soc/assets/uploads/2019/03/cce0679157d72b1b5bba31491933afff-1.pdf

洋々代表。日本アイ・ビー・エム株式会社にて、海外のエンジニアに対する技術支援を行う。その後、eラーニングを中心とした教材開発に、コンテンツ・システムの両面から携わる。 東京大学工学部電子情報工学科卒。ロンドンビジネススクール経営学修士(MBA)。

50分の無料個別相談実施中

AO・推薦入試のプロがお答えします!

カウンセリングを通じてAO・推薦入試の疑問にお答えし、
合格に向けたプランのご提案をさせていただきます。

AO・推薦入試のプロがお答えします!