AO入試・推薦入試のヒントが見つかるメディア

洋々LABO > AO・推薦入試情報 > 入試解説 > 慶應SFC AO入試と慶應法FIT入試の併願について

慶應SFC AO入試と慶應法FIT入試を併願される方は毎年少なくありません。中でもSFCの総合政策学部と法学部の政治学科で学べることは重なる部分も多くこの2つの学部学科に出願する人の割合は高くなっています。

慶應SFC AO入試と慶應法FIT入試を併願する上で考慮すべきポイントを以下に記します。

書類について

SFC AO入試と慶應法FIT入試の形式は似ています。まず書類の中で最も重要な志望理由書の文字数はいずれも2000字です。

またSFC AO入試では「活動報告」、慶應法FIT入試(A方式のみ)では「自己推薦書[I]」という、いずれもそれまでの活動を年月とともにリストアップする書類があり、形式も似ています。どちらも活動内容を補足する資料をつけられるという点も同様です。

さらにSFC AO入試では「自由記述」、慶應法FIT入試(A方式のみ)では「自己推薦書[II]」という書類があり、A4サイズ2ページ分自分のやってきたことを自由にアピールできるというところも共通です。

SFC AO入試について4月I期の場合は8月前半に出願期間があり、慶應法FIT入試は8月後半なので、7月、8月は書類の準備でかなり忙しくなります。一般入試との併願を考えている方は特に夏休みの時間の使い方に工夫が必要です。

2次試験について

2次試験についてはSFC AO入試とFIT入試では形式が異なるので別々の対策が必要です。

SFC AO入試の2次試験は面接のみなので、提出した書類のどこから質問されても答えられるように自分の軸をしっかりつくることがとても重要になります。

一方で慶應法FIT入試の2次試験においては、その人の世界観よりも知性が試されているようなところがあります。A方式においては講義を聴いた上での論述試験、グループ討論が課され、B方式においては総合考査という名の論述試験および面接が課されます。

SFCの面接については書類を作成する際に深く自分自身のことを考えることがそのまま最善の準備になり、具体的な対策は出願後でも十分間に合いますが、慶應法FIT入試のA方式の論述、B方式の総合考査の対策は早めに始めることが望ましいでしょう。

[cta id='377']