AO入試・推薦入試のヒントが見つかるメディア

洋々LABO > 大学を知る > 上智大学 > 上智公募推薦の倍率の推移(9):理工学部(2009-2018)

上智大学理工学部の公募推薦入試は全体で1.5倍から2.5倍の倍率に収まることが多くなっています。ただし、個別の学科では3倍から5倍程度の高い倍率になることもあります。

上智大学理工学部の公募推薦について

上智大学理工学部には
– 物質生命理工学科
– 機能創造理工学科
– 情報理工学科

の3学科があります。

2019年度の公募推薦におけるそれぞれの定員は2018年度と変更なく13名、8名、15名で合計36名の募集があります。

上智大学理工学部の公募推薦の倍率の推移

物質生命理工学科の倍率の推移

上智大学理工学部物質生命理工学科の倍率は年による差が大きく、2015年度は5.0倍でしたが翌年には1.1倍さらにその翌年2017年度は1.0倍まで下がりました。
物質生命理工学科_2009_2018

機能創造理工学科の倍率の推移

上智大学理工学部機能創造理工学科の倍率もここ10年の範囲が1.0倍から3.0倍と年による差が大きくなっています。
機能創造理工学科_2009_2018

情報理工学科の倍率の推移

上智大学理工学部情報理工学科の倍率はこの10年で低い年でも1.5倍と高めの水準にあります。2013年度は4.3倍と最近では最も高くなりました。
情報理工学科_2009_2018

洋々代表。日本アイ・ビー・エム株式会社にて、海外のエンジニアに対する技術支援を行う。その後、eラーニングを中心とした教材開発に、コンテンツ・システムの両面から携わる。 東京大学工学部電子情報工学科卒。ロンドンビジネススクール経営学修士(MBA)。