AO入試・推薦入試のヒントが見つかるメディア

洋々LABO > 2021年入試改革情報 > 入試改革 最新動向 > 慶應義塾大学 2021年度 一般入試改革

5月に発表された早稲田大学の2021年度の一般入試改革の内容は改革の名前にふさわしい大胆な変更でしたが慶應義塾大学の一般入試については2021年度(現在の高1生が受験する2021年2月の試験)の試験においてそこまで大きな変更はなさそうです。

本日発表された概要の要旨は以下の通りです。
– 大学入学共通テストは使用しない
– 英語外部資格は使用しない
– 「主体性」「多様性」「協働性」に関する経験について入力を求めるが合否判定には用いない。

これまでの経験の入力を必須とするのは2022年度以降に向けての布石と思われますが少なくとも2021年度入試においては合否判定には用いないと明確に書かれており2021年度の入試としては従来通りの入試となりそうです。

慶應義塾大学 2021年度 学部一般入学試験(2021年4月入学)について
http://www.admissions.keio.ac.jp/exam/2021ippan_notice.html

[cta id='377']

洋々代表。日本アイ・ビー・エム株式会社にて、海外のエンジニアに対する技術支援を行う。その後、eラーニングを中心とした教材開発に、コンテンツ・システムの両面から携わる。 東京大学工学部電子情報工学科卒。ロンドンビジネススクール経営学修士(MBA)。