AO入試・推薦入試のヒントが見つかるメディア

洋々LABO > AO入試・推薦入試とは

AO入試・推薦入試とは

近年注目度が高まっている大学のAO入試・推薦入試ですが、それがどういった目的で実施され、何を評価する入試なのかについて知ることで、より効果的な準備につなげることができます。

各大学が特色ある入試を展開していますが、本質を理解することでほとんどの大学・学部の入試制度に対応することは可能です。ここではまずはAO入試・推薦入試の基本にある考え方について見ていきましょう。


AO入試・推薦入試とは?

AO入試とは「アドミッションズ・オフィス入試」の略称です。アドミッションズ・オフィスとは入学管理局の意味で、アドミッションズ・オフィスが定めるアドミッション・ポリシー(求める学生像)をもとに選考が行われます。大学・学部のアドミッション・ポリシーに対してその志願者が相応しいかどうかというマッチングを重視する入試であり、基本的に学校長の推薦は必要なく、評定やスポーツや文芸活動における実績等の要件を設けていない場合も多く存在します。

一方、推薦入試には自己推薦入試、公募推薦入試等の入試制度が存在しますが、大学側が各高校に推薦枠を与える指定校推薦入試とは違い、出願条件さえ満たせば基本的に誰でも出願できるという点や、書類や面接、小論文などを通じて選考を行うことから、AO入試・自己推薦入試・公募推薦入試を「自己推薦系入試」としてまとめることができます。本記事では主にこの自己推薦系入試を「AO入試・推薦入試」と表記して説明を行います。

AO入試・推薦入試は、あなたの「世界観」を見る入試制度

AO入試・推薦入試で見られているのは、端的に言うとあなたの「世界観」です。

過去に何を行ってきたか、現在の姿はどのようなものか、どんな未来図を描き、それを実現するために何を行うべきか。これを、志望理由書、プレゼンテーション、面接など、様々な方法で確かめるのが、AO入試・推薦入試の本質と言えます。

AO入試・推薦入試とは

 

対策は出来るのか

―「準備の方法が分からない」「何を見られているのか分からない」「ありのままを出せばいいはず」

AO入試・推薦入試は一芸入試ではない、ということは、随分世の中に理解されてきたとは言え、いまだにAO入試・推薦入試を志す学生から聞こえてくる声です。確かに、「推薦型」の入試は、知識の量を問う試験ではありません。しかしながら、あくまでも大学入試の一形態である、という側面を忘れてはいけません。

大学はどのような人材を欲しいと思っているのでしょうか。確かに環境は大きく変化し、社会で求められる力は変わりましたが、「将来、世の中で活躍できる人材を育成する」という大学の根本的な使命は変わりません。AO入試・推薦入試は、来るべき「不透明な時代」を見据え、そこで活躍できる人材を各大学なりに定義し、その定義にそって将来性のある人材を取ろうとしている入試なのです。

その意味で、表面的な対策は全く意味がありません。過去を見つめ、現在を総括し、世の中に必要とされる将来を描く。これを徹底的に行うことだけが、合格に近づく唯一の王道と言っても過言ではありません。

 

広がりを見せるAO・推薦入試

60%以上-。

この数字が何を示しているかお分かりでしょうか?私立大学の募集枠に占める、AO入試・推薦入試による合格者数の割合です(下図参照)。

一般科目における学力というモノサシによらずに優秀な学生の取込みを図ろうと、1990年に慶應義塾大学総合政策・環境情報学部(SFC)にて導入されてから、いわゆるAO入試を含む「推薦型入試」は拡大の一途をたどり、結果として今では半数以上が、この「推薦型入試」にて占められるまでになっているのです。

大学入試を取り巻く環境

AO入試・推薦入試拡大の背景

大学が入試形態の多様化(=一般科目入試以外の入試形態による採用枠の拡大)を進める最大の理由は、世の中が求める能力が変質してきたことにあります。

右肩上がりの経済成長を前提とした「先行きが見通せる」環境下では、その目標をいかに効率的に実行することができるか、国や会社が示す方向性に沿っていかに上手に結果を残すことができるか、というチカラ(『受信力』)が求められました。こうした社会のニーズを受けて、大学も、いかに知識を効率よく身につけてきたか、という点に力点を置いて「優秀さ」を測ろうとしてきたのです。

しかし、先行きが不透明な時代に移行したことに加え、情報技術の飛躍的な進歩により、多くの情報が誰でも簡単にインターネットを通じて得られるようになりました。こうした世の中では、いかにたくさん知識を持っているか、ということ以上に、「世の中をどう見るか」「見た世の中の中で自分をどのように活かすか」ということを自分で見つけ出すチカラ(『発信力』)が重要となります。AO入試・推薦入試が拡大してきた理由はここにあるのです。


いかがでしたでしょうか?AO入試・推薦入試のひとつの本質とも言えるマッチングに着目し、大学の特長とご自身の強みや特性とを照らし合わせて志望校選択を行うことで、知名度や偏差値に囚われずに本当に自分に合った大学選択が可能になります。

「自分こそ○○大学の求める学生だ」という自信のある方、また現在はまだそうでなくとも大学入学後にそうなりたいという強い目的意識をもつ方はぜひともAO入試・推薦入試にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

[cta id=’377′]